債務整理費用

債務整理費用とは?

債務整理を行う時に、弁護士・司法書士に債務整理手続きを依頼する際は費用が必要になります。その際に案件事態に着手する際にかかる「着手金」はどの手続きでも必要です。その他には報酬金(成功報酬・減額報酬)や印紙代・予納金などの事務費用が必要になります。

【債務整理】イストワール法律事務所

債務整理には内容(手続き)の種類によってかかる費用の金額が変動します。弁護士・司法書士が債務整理を行う事が出来ますが、金額140万円以上の債務は弁護士だけが取り扱えます。また、弁護士は簡易裁判を行う事ができます。

(関連する記事)


債務整理費用は、任意整理の時は数万円の場合もあるし、自己破産は総額で50万円以上費用が掛かる事があります。

債務整理の内容によっては、弁護士に依頼する方法だけが債務整理できる方法に場合もあります。(司法書士は140万円まで・裁判ができないなどがある)

債務整理にかかる費用の目安(平均)金額
任意整理(弁護士・司法書士のみ)着手金一社2~5万円+成功報酬10%程度
個人再生(住宅ローン有無も関係する)20~30万円+成功報酬10%程度
過払い金返還(個人でも可能)着手金2~5万円+返還額の20%程度
自己破産(個人でも可能)20~30万円

債務整理には、「任意整理」と「個人再生」、「自己破産」、「過払い金返還」の4種類があり、司法書士は140万円までの債務整理を取り扱う事ができます。
スマホ.jpg
債務整理にかかる費用は一見高く感じますが、これにより借金の免責や減額が可能で、更に債務整理中は返済が止まるので借金返済に充てていた金額を債務整理費用に充てる事ができます。少なくとも、債務整理を依頼して損することはないでしょう。(減額・免責・返還が望める為)

債務整理費用を払えなくなったら?

債務整理のことなら岡田法律事務所

債務整理費用は弁護士や司法書士に手続きを依頼します。専門的、国家資格的要素が無いと手続き不能の内容もあるので一概に「高い」と言い切れません。それでも、事務所個別に金額設定できる内容の場合は「安い」事務所も存在します。但し、実績や債務整理に強いか?は別問題で注意は必要です。

債務整理費用は着手金を支払わないと手続きが始まりませんが、「分割」で支払える事務所もあります。
依頼や相談時に申し出ると対応してくれます。

債務整理費用が「払えない」とか「払えなくなった」場合も、遠慮せず相談するべきといえます。

法テラスに依頼する方法もある(安く債務整理をする方法)


法テラスは、民事法律扶助(みんじほうりつふじょ)制度があり、弁護士・司法書士費用を立て替えてくれる制度があります。債務整理後は分割で月々5,000円の支払いで済みます。法テラスの紹介してくれる弁護士・司法書士の事務所は、一般の事務所と比較して安い事が多いです。
これは、債務整理費用に悩む方の大きなメリットといえます。HPなどからお近くの法テラス事務所を検索して連絡します。

但しデメリットもない訳ではありません。それは、紹介してくれた事務所が「債務整理」が強いか?は不明だという事です。
一般的な事務所は、数千件以上の実績があるところがほとんどですが、法テラスの紹介してくれる事務所に実績何件以上という規則は存在しません。

つまり、法テラスは安く債務整理を依頼はできるが「成功」の確率は求める事ができません。
今すぐにでも、返済を何とかしたい場合は成功事例が多く迅速に対応が可能な弁護士や司法書士に依頼した方が良い結果の場合もあります。

まとめ

アヴァンスレディース 債務整理プロモーション

債務整理は内容によって費用相場は違う事は分りました。費用が支払えるか心配な場合は「分割」払いも存在しましたね。
また、成功率は別問題にはなりますが、法テラスに相談すれば費用の建て替えをしてくれるので安く相談できることも分かりました。

結論的に、債務整理費用は一見高い様に感じますが「減額」や「免責」、「返還」が可能なので、実際は損することはないのです。
むしろ、債務関連の問題は放置すると悪化するだけで何も得しませんので、一刻も早く相談し、心と生活の安定を手に入れましょう。

〈関連記事〉