債務整理 自己破産

債務整理の最終最後の手段に「自己破産」があります。
自己破産にはデメリットが多いと認識されていますが、実はメリットの方が大きいとも言えます。

自己破産の最大のメリットは、国税以外の借金を「帳消し」にしてしまえる最強の方法です。
国税が非対称になっているのは、税収に大きな影響を与えうるので対象にされていません。

自己破産の手続きは裁判所で行い、「免責」が認められると借金そのものが無くなります。
手続きできる上限額は無制限ですので、個人再生の上限5000万円に該当する場合は債務整理は自己破産しか方法は無いでしょう。

返済不能という事が免責の条件なので、無職・無収入でも申請することができます。


(デメリットもある)
自己破産は最強の債務整理の方法ですが、債権者からすれ最悪の方法でもあります。
ですので、まずは個人信用情報に自己破産が記録されローン・クレジット・住宅ローン・自動車ローン・携帯電話の分割購入が一定期間できなくなります。


また、資格制限が発動され該当の職業に就くことが出来なくなります。
返済が不可能ということで認められる自己破産ですから、現在の財産(家・車・宝石・高価家財など)は没収され競売されます。
官報公告に2回情報が記載されます、これは個人にはあまり影響がないとされ貸金業者に影響があります。
費用が高額になり、弁護士・司法書士に依頼すると約22万円の費用が掛かるでしょう。


(自己破産はするべきか?)
個人的見解も含めてですが、自己破産すべきか?という点については「YES」です。
5,000万円以下の債務で返済できる状態であれば、「個人再生」の方が家を守れるのでおすすめです。

自己破産するには、職業に影響が出る方もいますので確認も含めて弁護士に相談するのが得策かと思います。
司法書士は債務140万円までの案件のみ取りあつかう事が出来ます。つまり、自己破産は弁護士の仕事です。

今、借金が返済できずに金策で悩んでいる方も最強の手段を利用すれば、人生の立て直しが直ぐできる方法が自己破産です。
勿論、対価は必要とされますが人生において「生きてりゃ何とかなる」と考えてしまえればもう勝ちだと思います。